読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年7月19日シェムリアップ1日目

今日はバスでタイからカンボジアへ移動しました。6時に起きていつもの朝食を食べ7時過ぎにはホテルを出ました。

私は朝から少しゲリピーでDは風邪気味という体調はあまりよろしくない移動日です。
昨日心配していた部屋の魚臭さも結構なくなっていて、心置きなくチェックアウトできました。
電車とタクシーを乗り継ぎ1時間前にはバス停留所に到着。私達は9時のバスなのでしばらく待っているとバス登場です。

バスに乗るとき、『カンボジアVISAとパスポートとdepartureカードを見せて』と言われた。VISAとパスポートは持ってるんだけど、departureカードは持ってない!飛行機でタイに着いたとき書いたarrivalカードと一緒にdepartureカードも出してしまったよー。事情を話すと大丈夫みたいだったので、無事にバスに乗り込みました。

バスの運転手は運転が荒く、自分の走っている車道に車が入ってきたり、遅い車がいたりするとクラクションを鳴らし煽ったりしている。こえーよ。話し声も大きくてとてもじゃないけど寝られない(たまに寝たけど)。100キロぐらスピード出してるのに平気で電話やメールをしまくる。自分の飲んでいた瓶を窓から平気でポイ捨て。笑い方が下品で理由もなくムカついてしまった。

たぶん4時間くらいたってカンボジアの国境へ到着。私のドキドキはマックスです。無事に国境越えできるのか?以前ネットでいろいろ調べてた時に、入国に時間がかかるとバスが勝手に行ってしまうよ。みたいな事が書いてあったから最悪見捨てられたらどうしようなどといろいろな事が頭をよぎる。

案の定、departureカードがないからとめられた。けど、Dはdepartureカードをもらっててその場で書いてる。なんだか突破できそうな雰囲気。私がオロオロしているとやっとdepartureカードをもらえ無事に入国できました!departureカードを書く手が緊張で震えたぜっ。次はarrivalカード記入とスタンプを押してもらえば入国完了です!結構早く終わった。無事に入国できて、本当に本当に良かったです。

その後、15時くらいに出発してシェムリアップに着いたのは18時くらいでした。

降ろされた所でも帰りのバスの切符を買えるみたいなので購入。しかしバーツもドルも足りず、たまたま持ってきていた一万円札で購入できた。焦った〜。カンボジアはリエル(カンボジアの通貨)とドルが使われているらしく、買い物をすると1ドルよりも小さい単位だとリエルで帰ってくる。まだリエルの単位がわからずなかなか使えず溜まる一方。早く使いたい。

バスで降ろされた所からホテルまでは約2キロあったのでトゥクトゥクを使った。初めは3ドルでって言われたけどDが2ドルに値切ってくれた。Dいわく、カンボジアの人はタイの人より良い人みたい。優しいしこっちの話を聞いてくれるって。このトゥクトゥクの人も私達をホテルにおろして少し話をしていたら、お金を渡していないのに去っていっちゃった。電話して取りに来てもらったけど。

カンボジアのホテルはたぶんこの旅1番いいホテルかもしれないというくらいステキでした!値段はカンボジアにしたら高いんだろうけど、そんなに高くないし、サービスもいいし、お部屋もステキだし、シャワーの水圧も強いし、Wi-Fiもサクサクだし言うことなしです!ここに住みたい。交通費をケチった分、ホテルをいいホテルにして良かった。すごくリラックスできる。

少し休憩した後は、歩いてパブストリートと言う所へいった。タイのカオサンロードみたいだけど、そこよりも綺麗で広くていろんな人がいっぱいいて楽しかった。
夜ご飯は、そこのtempleというレストランで食べた。味は普通かな。

帰りはトゥクトゥクで帰った。私達がご飯はを食べている間、ずっと道でトゥクトゥクの客引きを笑顔で頑張っている青年がいて、Dがその頑張りに感心してその子のトゥクトゥクに乗る事にした。途中道を間違えたけど無事にホテル到着!

明日はアンコールワット見に行く予定!