読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年7月21日シェムリアップ3日目

今日は朝の4時30分過ぎに起きてバイクでアンコールワットの朝日を拝みに行きます。

暗いので目が光っております。

今日もバイクでブンブンブン♩
辺りも真っ暗だし、朝早いからそんなに人いないんじゃないのかなぁ?と思っていたらめっちゃ人いるー!昨日の昼間よりぜんぜんいる。昨日は日本語なんて全く聞こえてこなかったけど、この時はいろんなところで日本語が聞こえてきた。へ〜皆よく知ってるね〜。なんてDと感心してました。
いよいよ朝日がお目見えです。おぉ〜綺麗じゃ〜。見に来て良かった〜。

私達はその後、アンコールワット以外の遺跡を見ようとバイクを走らせたのですが、だいたい7時30分オープンがほとんどでまだ開いていない。ガビーン。なので朝食を食べにホテルに戻ったけど、他の観光客は朝日を見た後そのままアンコールワット観光してた。
なるほど〜。たぶん、効率の良い回り方としては朝日を見てからアンコールワットを観光して、軽く朝食食べてから、また違う遺跡をみて回るのがいいんだなぁー。だから、時間が限られているツアー客(日本人)が多かったんだなぁー。しかも、昼間暑いから朝いっぱい回る作戦なんだなぁー。(byみつお風)

ホテルで朝食をモリモリ食べて

また出発です。
まず初めは『ニャック・ポアン』

その近くにあった『クオル・コー』

またバイクを走らせ、ちょいちょい遺跡を見ながら

少し離れた『バンテアス・スレイ』遺跡へ。この遺跡は結構残っていて綺麗だった。

この遺跡を見終わった時点でまだ時間があったので今日見に行く予定ではなかった『ベンメリア』に行くことに。ここからすごく長かった・・・。GPSをフル活用して舗装されてない道を行くこと約2時間。



途中水牛にあったり

ガソリンが無くなってきて困ってる時に、ガソリン売り場を通りすがりの優しいし人に教えてもらったりしながら無事に到着!(ちなみにガソリンはペットボトルの中に入れて売っていた)

私達以外は皆バスか車で来ていた。そらそうだよね。遠いし暑いもん。ここにたどり着くまですれちがうは人や住民の人は私達の事をガン見。普通の観光客は通らない道を通ったみたいで面白いほどガン見されました。


ここがラピュタのモデルになったところらしい。疲れてたけどテンション上がる〜。

無駄に『バルスッ!』を連発。そんな私をDは優しく見守る(たぶん)。


途中で係りの人が自分達では行けないような石の上をすいすい登ったり降りたりして案内してくれた。『この人、暇で案内してくれてるのかな?ラッキーだね』なーんて話していたら最後に『チップ』と言われた。あぁ、そりゃそうだよねー。と2人で2ドル支払う。楽しかったから当然だね。

アンパンに見える。

その後は約1時間30分かけて帰った。

藁の上に乗ってる人

竹の中にお米を入れて炊いたやつ

道端のお店

ホテル近くになるともう少しで遺跡の閉場時間だってので休む間もなく次なる遺跡『プノン・バケン山』へ。
私達は知らなかったんだけど、ここは夕日が綺麗らしく、ちょうど私達が行った時は激混みのタイミングで、入場制限もあったから結構並んだ。しかもチャイニーズ軍団がたくさんいて、並んでる間もうるさい&横入り当たり前&ぶつかっても謝らないとやりたい放題。

やっと遺産に登れた後は夕日が沈んだ後だったけど景色は綺麗だった。


今日の遺産観光は終了です!

ホテルに帰る前に水とお菓子を買う。
初めてのお使いのようにDが私を隠し撮り。

ご飯は疲れて食べに行くのも面倒だったのでタイで買った米を炊き、ふりかけかけて食べました。まいうー。

この日は疲れた。疲れてブログも夜書けなかった。
明日は何もしない。