読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年8月9日フィレンツェ1日目

今日はヴェネチアからフィレンツェへ移動します。電車で。
朝ごはんは昨日の残りとご飯を炊いたのですが、ボリューミーすぎて食べきれず、残してしまいました。貴重な食料を・・・。申し訳ない。

ヴェネチア駅へはいつものようにバスで向かいます。いつものように7番線に乗って。
いつもより乗車してる人がすくないなー。とは思っていたけど、別に気にもとめずにいると、最終的には私達だけとなり、周りを見渡すと初めて見る景色ばかり。
何かおかしい・・・。けど、いつも通り7番線に乗ったのになぁ。不思議。

Dが運転手に行き先をたずねると、なんとヴェネチア行きではなかった!なんてこと。何でよりにもよって移動日にこんな落とし穴。
降りたところがどこかもわからないけど、近くにバスか電車は走っているらしい。

私達が近くにあったバスの時刻表を見ながらオロオロしていると、1人のマダムが『ヴェネチア行きのバスはレフトに曲がればあるわよ。』と多分イタリア語で教えてくれた。グラッチェ(涙)
バス停に着いてもいまいちヴェネチア行きかわからなかったのでDが近くにいる人に聞いてくれて、『電車よりもバスのほうが早いからこっちに乗りな』と教えてもらった。グラッチェ(涙)
バスに乗っても不安だったので、すでに乗っていたおじいちゃんに聞くと、『これはヴェネチア行くぜ。あっちの電車も行くけどな。どっちでも行けるぜ。』的な事を多分イタリア語で教えてくれた。グラッチェ〜〜。
意味不明のままバスを間違えましたが、無事に電車の時間に間に合いました。最近移動日って何かイレギュラーな事が起こるからちょっとコワイわ。
今回乗る電車は前回と同じ電車だけど席が少しグレードアップしてて、お茶とお菓子が出ました。シートも座りごごちが良くて快適〜。


14時ごろフィレンツェ着いたのですが、ホテルが16時からでないと受け付けできないという事なので、フィレンツェ駅前のマクドナルドで休憩。

そろそろいい時間なので歩いてホテルまで行く事に。
石畳があってキャリーケースがうまく進まず、Dは昔の黒人ラッパーのように担いで道を渡ります。

GPSで目的地には着いたのですが、ホテルらしき看板が見当たらない。
今回もアパートメントホテルだからなのか、看板も何もない。地図上ではあってるんだけど、看板がない!ない!ない!
またDがあちこち走り回って、いろんな人に聞きまくって見つけようとしてくれるけど全くわからない。
今回はもうダメかー。野宿かー??どうしよう?やっぱりヴェネチアでSIMを買うべきだったな。けど、40ユーロだから高くてやめたんだよぉ〜。と心の中で泣いていると、Dが話しかけていた優しいイタリア人様がホテルに電話をかけてくれた。グ、グ、グラッチェ〜!!!この人達のおかげで、管理人の人が来てくれて今回も無事にアパートメントホテルに入る事ができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この感謝の気持ちを表したくて少ないですがチップを渡そうとしたけど、笑顔でいらないわ!と言われた。うぅぅぅ、なんていい人〜(涙)
というわけで無事に入れたアパートメントホテルは小っちゃいけど、カワイイ感じの部屋でした。



アパートメントホテルからの眺め

少し散歩をしていると馬車が普通に通ってた。

スイカの自転車。カワイイ〜。

アパートメントホテル近くにすごく行列ができているパニーニ屋さんがあったので、調べてみると結構有名なパニーニ屋さんらしいので夜ご飯に食べてみた。


まいう〜でした。こんなボリューミーで5ユーロ。少し味が濃かったけど美味しかった。

テレビでマイケルジャクソンが歌ってて、何気に初めてプロモーションビデオ見たから嬉しくて写メ。

とんねるずのコントでしな見た事なかった。

今日はスケジュール的には観光する予定だったけど、最近旅疲れが溜まってきて、元気がなくなってきたのでやめました。
旅に出て約1ヶ月、旅行と旅の違いを実感した今日この頃です。健康第一、一緒にいる人と楽しく過ごすのが第一。

明日も笑顔で‼︎