読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年8月16日ローマ4日目

今日はバチカン市国のリベンジです。
並ぶのが嫌なので前日にネットで予約をしようとしたら18日からのチケットしか買えなかったので、朝早く行って並ぶ作戦です。
っていいながらバチカン美術館に到着したのが9時ごろなのでそんな早くない。
到着すると、昨日はなかった長い列が・・・。

ガビーン。遅かったか〜。ネット情報では夕方より朝の方が比較的並ばないって書いてあったけど・・・。なんじゃこりゃ。
せっかく来たので仕方なく並ぶことに。すると、ツアー会社の勧誘が多いこと、多いこと。
本当は16ユーロなのに、『33ユーロ払えば並ばないですぐ行けるよ〜』みたいな事を言ってくる。暑いからちょっと心が揺らぐ。いや、ダメダメ。
私達はアジア人なので比較的誘ってくる回数は少ないけど、私達の前に並んでいたイギリス人夫婦は私達の倍くらい声をかけられていた。
その誘いを愉快にかわす旦那さん。よく喋るのでアメリカ人かと思ったらイギリス人だった。
この気さくなイギリス人夫婦のおかげで約3時間の待ちもあっという間に終わった気がする。
私は英語があまりわからないけど、なんとなくうっすら意味はわかるのでDとイギリス人夫婦が話しているのを妄想を交えて聞いていた。
この旦那さんは凄く物知りで色んな話題で話が盛り上がる。テレビが好きで英語版NHKを見ているらしい。そして、子育てがひと段落したので奥さんと旅行を楽しんでいるらしい。
外国の人と話すと日本にいると気付かない事に気付いたりして何かしらの発見がある。
今日はじめて『シントウ』という事を知った。
『日本の宗教ってシントウなんでしょ?』と言われた。Dはシントウの事を知っていたので普通に会話してたけど、私は???状態。
後で聞くと『シントウ』とは『神道』らしく、ざっくり言えば仏教の事らしい。イギリスでは学校の授業で世界の宗教の事を教えていて14歳になったら自由に自分で選ぶ事が出来るらしい。だから日本の宗教についても日本人の私達よりよく知っていた。
日本では『宗教は自由』みたいな感じだけど、自由ではなくただ知らないだけで、知らないまま大人になった人が多いだけ。これからもっと世界が近くなる世の中だから、イギリスのように世界の宗教を知って、その国の事を少しでも理解出来たらいいのになぁと思った今日この頃です。
3時間後、やっとチケットをゲットしました。

そして、イギリス人夫婦ともお別れ。その時、改めて自己紹介。私の名前は言いにくいらしく『いくら』って言われた。惜し〜!
最後に両ほっぺにキスして別れました。初めてされたからちょっとドキドキ。

ここからいよいよ美術館へ。



なんか凄い感じは伝わるのだけど、学がないので『スゲー、アメイジング、サプライズ〜』を連発。

これは多分アダムとイブかなー?

中庭かな?



もう、絵が多くてお腹いっぱい〜。って感じでした。

凄いのは感じた。

約2時間見終わったら凄くぐったり。ね、眠い。疲れた。
そしてホテルに帰ってお昼寝ならぬ、夕寝をして、散歩して、ご飯食べて。

明日はナポリに移動なので早めに寝よう。