読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年8月26日ウィーン1日目

深夜バスが5時に着いて、6時くらいにホテルにチェックインできたので、4時間くらいお昼寝。やっぱりベッドはいいなぁ。
シャワーを浴びて電車のに乗りウィーンの旧市街へ観光に出かけた。

ちょうど両替所があったのでずっと持ってたスイスのフランとクロアチアのクーナをユーロにかえた。その時、『チェンジ ユーロ プリーズ』と言うと、私は英語能力が低いので聞き取れなかったんだけど、『ユーロに変えるのなんて当たり前だろ』みたいな事を小声で言われたらしい。その時はすごく威圧的な対応をされたなぁとは思ってたんだけど、そんな事を言われてたんだね。アジア人に対しての差別が強い。
あと、靴下を買った時も私なんか見もしないで目も合わさないで会計するフォーエバー21の店員。私の次の客には『Hello〜!』なんて挨拶するのに。スロベニアはよかっなぁ〜。みんな優しかった。隣の国なのにこんなに違うもんなんだね。やっぱり優しくされた国は無条件に好きになるし、冷たくされるとそれだけでその国が嫌になる。アジア人っていうだけで見下す国は嫌いだ。

気を取り直して。

ウィーンはザッハトルテというチョコレートケーキが有名。『Hotel Sacher』と『Demel』の2つのケーキが有名らしいので2店をはしごして食べ比べ。

まずは『Hotel Sacher』から。コーティングされてるチョコが厚くて食べごたえあり。中も甘酸っぱいジャムみたいなのとチョコスポンジが層になっていて美味しい。生クリームと一緒に食べると濃いチョコの味がマイルドになって食べやすく美味しい。お値段が6ユーロと少しお高め。


次のお店に行く前に露店のホットドッグを食べお口直し。

次のお店は『Demel』。ここは5ユーロと値段はさっきより安い。味はコーティングされたチョコが薄くて中のチョコスポンジも層にはなっていないので、前のお店と比べるとあっさりタイプ。

判定は・・・『Hotel Sacher』!
が私は美味しかったかなぁ。好みによると思うけど。

お腹が満たされたので、公園の芝生で昼寝。日差しはポカポカしてるけど、風は少しひんやりしてて気持ちいい。

その後
トリップアドバイザーでも上位のビールが美味しいというお店へ。

ウィーンの郷土料理らしいカツレツも一緒に。

ビールも飲みやすいしカツレツもそんなに脂っこくなくてとても美味しかった。

帰りはトラムと電車を乗り継いでホテルへ。
明日も移動です。明日はチェコプラハにバスで向かいます!今から場所の確認!