読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年9月25日バルセロナからモロッコに移動

今日は飛行機でモロッコのタンジェというところに移動します。

地下鉄でエアポートへ。フライト時間は17時30分でチェクインは14時30分から。いつものように心配性の私はその2時間前には空港に到着。もう2時間の待ち時間なんて余裕になってしまった。そして、また一番乗りでカウンターに並びチェックインを済ませたらいつものラウンジへ。お腹ペコペコだったので無料のサンドイッチにかぶりつく。そして、Dと『なぜ私はこんなにもスリにあってしまうのか?』という事について話し合った。Dは今まで海外留学経験もあるし海外にも何回か行っているけど、スリにあった事は一度もないし、周りにこんな短期間にスリにあう人間を見たことがないらしい。なぜ私はこんなにも狙われてしまうのか?

昨日、警察に被害届を出しに行った時、私たちの後に韓国人のカップルがやってきた。事情を聞くとクレジットカードを忘れたかスレられたかして無くしたみたいだ。Dいわく、その韓国人の女の子と私は『なんとなくスレそうな気がするう〜〜〜(天津木村風)。』らしい。見た目が子供っぽいというか幼いというか怖くないというか世間知らずというか。。。外国の女性と比較しても私の方が弱そうという印象があるらしい。

そうか。そうか。そういうことか。もともと丸顔のモンゴロイド。しかも、ここ2年くらいまともにメイクもしていない。こっちの人は顔が濃いうえにさらに化粧も濃い。とりあえず防犯対策として化粧をする事にした。ポルトガルに行ったらメイク道具を買おう。あと今のカバンもすぐにファスナーが開くのでもっと防犯性の高いものに買い換えようという事になった。それに、スペインは思ったほど治安が悪くなかったので完全に油断してしまったのも原因だと思う。これからはもっと気を引き締めて街を歩こう。こんな状態ではのちに行くブラジルから無事に帰ってこれる保証はない。これも経験じゃ。

 

旅に出て約2ヶ月。悲しい事に、そのほとんどの写真がなくなってしまった。なぜならバックアップをしていなかったから。私は携帯を絶対置き忘れないという自信がセキュリティー対策をゼロにしてしまった。置き忘れはしないだろうけどスラれる可能性はあるのに。逆にDは忘れ物の王様。なのでいつ携帯が無くなってもいいようにセキュリティー対策は万全。は〜。私ってほんと馬鹿だね〜。

 

以前の私ならスラれた携帯のことをいつまでも考えて悲しい気持ちに押しつぶされていたと思うけど、意外とケロっとしています。これにはDも驚いていた。もともとネガティヴの塊のような私。無くなった写真の事を考えると悔しい気持ちになるけど今は考えないようにしています。それよりも、スラれたのがクレジットカードやパスポートじゃなくて本当によかった!とか、次買うiPhoneは最新のiPhone7しようかな?なんて考えてるとなんだか前向きになれる。

 

そして、あっという間にモロッコのタンジェに着きました。

f:id:kazenooka:20160926062507j:image

 意外と都会。空港から近いホテルに向かうのにタクシーしか手段がなく、しかも空港前のタクシーにはメータータクシーは存在しないという驚きの事実。それなら空港近くじゃなくてどうせなら繁華街にホテル取ったのにー。まあ、これも勉強。

明日はタンジェからシャウエンへ向かいます。

 

 

 

 

ーー