読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年12月19日イグアスからリオデジャネイロへ移動

リオデジャネイロ

今日は移動日。この旅行で私が一番行きたくない場所へ。

 

今日の朝ごはんはコーヒーと昨日の夜中にデリバリーで注文して食べきれなかったチャーハン。昨日の夜ご飯は、23時くらいにデリバリーを頼みホステルのテレビで映画を見ながら食べた。

f:id:kazenooka:20161220072708j:image

唐揚げとチャーハンと焼きそば。案の定3分の1くらいしか食べれず、今日の朝に残りを食べた。唐揚げは袋に入れてリオまで持って行った。

 

旅も6ヶ月目になるといろいろガタがでてきた。今日は今までお世話になった携帯コンロをイグアスで捨てる事にした。30分以上たってもお湯が沸かないし、意外と重いし、空港の持ち物検査で怪しまれ足止めくらう率が高いので残念だけどここでお別れ。

f:id:kazenooka:20161220073059j:image

このコンロには何回も助けられた。コーヒーも飲めたし、ラーメンも食べれたし、米だって炊けた。ありがとう。

 

他にもガタがきているものはあって、チビキャリーケースは足が一個取れてしまい、大きいキャリーケースはフタが完全に閉まらなくなった。黒いリュックも穴が空いてしまった。あと1ヶ月とちょっとなのでなんとかもちこたえてほしい。

 

イグアスの空港は小さくて、あっと言う間にチェックイン→手荷物検査→待合室までたどり着いた。

 

on timeでボーディング。今回は初のタム航空。

f:id:kazenooka:20161220073122j:image

 

約2時間のフライト後、無事にリオデジャネイロに到着。

今からリオデジャネイロの街に出ると思うと緊張する。とりあえず、ドルは靴下に、クレジットカードは右胸、シティカードは左胸、パスポートと残りのカードは腹巻に入れてみた。現金はDにもってもらうようにて。リオデジャネイロ空港のATMを使うのは怖かったのでイグアスで前もって現金をおろしておいた。胸にカードを入れると折れちゃうかな?と思ったけど、入れてみると案外いける。ってゆうかまな板だからそんなに曲がらない。初めてペチャパイで良かったと思った。

f:id:kazenooka:20161220073133j:image

 

今回はホテルではなくアパートメントホテル。場所はコパカバーナ沿いなので比較的安全な地域。

そこへはタクシーて行くことにした。荷物料金取られて95レアル(3,300円)。初めは78レアルって言ってたのに税金みたいなの取られて、乗った後で荷物代も取られて、、、。はぁぁぁ。疲れる。普通に乗りたい。

 

タクシーに乗ってても安心できなかった。また強盗にあうんじゃないかって。

Dは『意外と大丈夫だと思うよ。昨日のスラム街の方がヤバイと思うよ。』と言っている。

 

そして無事にアパートに到着。オーナーさんはめちゃくちゃいい人そうでとても詳しくいろいろ教えてくれる。

『この場所は安全だけど少し危険だから携帯で写真取るときは、周りを気にしながら取ってね。携帯見ながら歩いちゃダメだよ。』とか、『お金やカードは一つの場所じゃなくていろんな所に分散して待ってて』とか。

 

『no dangerous , but no safety』と言われた。危険じゃないけど安全でもない。気が引き締まる。わたしはなるべく物を持たないようにしよう。今まで何回もスリや強盗にあったからリオデジャネイロでも何かあると思って外を歩こう。

 コパカバーナが近いので、歩いて見に言って見た。家族の子供連れが沢山いた。

 

近くのスーパーで買い出し。外を歩く時は日本人だと思われないように英語で会話するようにした。スーパーでも私のカタコト英語で食べたいものを相談し食材を選ぶ。Dには英語上手になったね。と褒めてもらって嬉しかった。

 

晩御飯はステーキ。他の国で食べた肉より柔らかくて美味しかった。

f:id:kazenooka:20161220073143j:image

 

明日はコルコバードの丘にツアーで行く予定。