読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月15日ウルル2日目

ウルル

今日は夕方の4時からサンセットツアーに行きます。ツアーって言ってもシャトルバスで送ってくれるだけ。

 

今日は朝4時ごろには目が覚めてトイレに行ったり、外でぼーっとしていた。一度部屋に戻ってDに『外が気持ちいいから外にいるね。』と言うとDも起きてきたので朝の5時から朝食を食べることにした。

ホステルから見える朝のウルル。なんだかよく分からないね。

f:id:kazenooka:20170116133924j:image

 

共同キッチンで朝食作り。キッチンは常に掃除してくれているのでいつも綺麗。

f:id:kazenooka:20170116133959j:image

今日の朝ごはん。

f:id:kazenooka:20170116134022j:image

 

夕方の4時まで暇なのでDはプールへ。

f:id:kazenooka:20170116134121j:image

 

その後2人して昼寝。部屋は今日の朝、相部屋だったフランス人カップルが旅立ったのでこの時は2人っきりで快適だった。このまま誰も来なければいいのに〜、と淡い期待。

f:id:kazenooka:20170116134200j:image

(夜、ツアーから帰ってくると部屋には床一面に広げた荷物が・・・。韓国人のカップルだった。はぁ〜っとため息。相部屋なんだから荷物くらい整理整頓しろ!!!)

 

ギリギリまで昼寝をして4時のツアーに参加。

バスから見えたウルル。

f:id:kazenooka:20170116134223j:image

 

これもバスからのウルル。デカすぎてなにか分からない。

f:id:kazenooka:20170116134240j:image

サンセットは19時40分くらいなので、それまでウルルを散策。

デカイ。

f:id:kazenooka:20170116134302j:image

 

この岩もデカイ。この岩の中には昔のアボリジニーが書いた絵が残っていた。

ウルルは大量のハエが顔面めがけて飛んでくるのでネットを頭からかぶっております。ダサいけどこれがないと平気で口の中や目の中に入ってくるのでストレスが半端ない。

f:id:kazenooka:20170116134347j:image

 

f:id:kazenooka:20170116134410j:image

 

暑いよー。影がないので休めるところがない。

f:id:kazenooka:20170116134436j:image

 

デカイ。

f:id:kazenooka:20170116134452j:image

 

そして目的地に到着。本当はここを登りたかったけど、夏の間は暑いのでほぼ登る事は無理らしい。残念。そんなの知らなかった。

アボリジニーの人はウルルは神聖な場所だから本当は登って欲しくないらしい。

f:id:kazenooka:20170116134518j:image

 

たまにこんな洞窟みたいなところがあって、キッチンだったり、セレモニーの場所だったりしてちゃんと使い分けされていた。

f:id:kazenooka:20170116134621j:image

 

f:id:kazenooka:20170116134638j:image

 

空とウルルが綺麗。

f:id:kazenooka:20170116134659j:image

 

18時30分からまたシャトルバスに乗って移動。今度はサンセットが見える場所へ移動します。

 

サンセットを待ってる間の雲が綺麗だった。

f:id:kazenooka:20170116134719j:image

 

まだかなぁ。

f:id:kazenooka:20170116134732j:image

 

と30分くらい待ってようやくとれた写真。

f:id:kazenooka:20170116134745j:image

想像していたオレンジ色のウルルは撮ることができなかった。雲が多くて夕日の色がウルルにうつらなかった。楽しみにしていたので残念。

 

今日のツアーはこれで終了〜。

 

20時ごろホステルに着いてご飯を食べていると、日本人の青年と話が盛り上がり23時ごろまで3人で飲んでた。

 

明日は朝の5時からサンライズツアーに参加するので4時には起きないと。

 

部屋に戻るとクーラーが21度になっていた。とてもじゃないけど寒すぎるのでこっそり26度に変更。

 

明日、起きれますように。