読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年7月13日バンコク2日目

バンコク2日目はホテルの朝食を食べてスタートです。

食パンやサラダ、ヨーグルトがあった。

その後、ワットポーへ向かうため歩いていると女の人が急に話しかけてきて、『トゥクトゥクに乗って水上マーケットを楽しんだらいいわよ』みたいな事を言ってきて、言われるままにトゥクトゥク乗せられ水上マーケットの所に到着。水上マーケットは2人で1400バーツだと言われたが、Dが交渉してくれ1000バーツに値切ってくれた。しかーし、これは高かった。別に行きたくもないものに3300円も払ってしまった。

Dと『これからは自分達のやりたい事以外は断ろう。日本語で話しかけてくる人は信用しない。』と話し合った。
本当は水上マーケットではなく涅槃像を見たかったのに。

その後は1度ホテルに戻り休憩。何だか眠くて1時間くらい爆睡してしまった。
回復してからはちょっと離れたショッピングモールへ行くために交通手段の確保へ。ホテルでの事前情報によるとタクシーで150バーツが相場らしい。交通手段もタクシーが1番いいと言っていた。
にもかかわらず、私達はトゥクトゥクに乗ってしまったのです!バカバカバカ!最初運転手は25バーツでいいよって言ったのに降りるときは250バーツだっ!ってキレてきた。怖いし、ムカつくし、悔しいし。
何とかDが200バーツに値切ったけどタクシーでも150バーツなのにー。何だあの親父。クソー。
ショッピングモールでは靴と水着を買いたかったけど気に入るものが無かったし、疲れてきたのでご飯を食べて帰る事にした。

帰り道は何が何でもタクシーで。雨が降っててなかなか捕まらず、ムカつくトゥクトゥクが『300バーツで乗せてやるぜっ』て言ってきたから意地でも乗ってやんない。
やっと捕まえたタクシーは最初300バーツでって言ってきたけどDが200バーツに値切ってくれた。もうこのシステムやめて欲しい。値切るのしんどいよ〜。(私は値切ってないけど)
結局このタクシーは200バーツで大丈夫だった。疑うのも疲れるよ。

2日目は少しバンコクが苦手になりつつあります。微笑みの国は何処へ。